ストリートファイター5 さくら研究所

スト5 さくら 通常投げからの起き攻め選択

2020/02/23
さくら攻略 0
sakura syouryuu

さくらは通常投げが決まりやすいので
ここからの起き攻め選択はとても重要になります。

それほど強い起き攻めはできないですが、
毎ラウンド必ずと言っていいほどある状況なので
しっかりと整理して適切な選択肢をしていきましょう。



受け身を取った場合

①立ち大K重ね

前投げ後は立ち大Kが持続で埋まります。

持続当たりなので、クラカンすれば普段は繋がらない
前ステ>立ち中P>振り子>EX天仰<大咲桜 まで繋がります。


②歩き投げor前ステ投げ

さくらは前歩きが早いので十分択になる選択肢
前ステだと-4F背負うので注意


③中段技

毎回しゃがみガンガードしている相手に狙っていきたい。
ヒット後は+1Fとれて屈中Kが届くので
屈中K>弱春風脚 などが良いかも。


④めくり弱Kor中K

前投げ後は丁度めくりの軌道になるので
めくりながら位置入れ替えが狙えます。

自分が画面端付近にいる時は
積極的に狙っていきたい選択肢。


⑤微歩き屈中K

3F暴れに勝つ選択肢
カウンターしていれば立弱K>中咲桜まで繋がります。
ただ、画面端以外ではタイミングがシビア

弱春風入れ込み
ガードされても投げ間合い外で-2なので安全。
中足がヒットしていれば連続ヒットになるので簡単でおすすめ。



受け身を取らなかった場合

さくらの通常投げのあと受け身を取らない人がいますが、
これはあまり良い選択ではないです。

①立ち大Kルート

前ステ>立ち中P が持続で埋まるので
近距離で+5Fの有利が取れます。

前ステから最速投げはスカるので注意です。


②中段技ルート

前歩き投げが3F暴れに勝ちます。


③その他のルート

普通に密着から起き攻めができます。



こういう感じでさくらにメリットしかありません。

まとめ:

これらの選択肢を同じ行動を連続してせずに
毎回散らしていくと効果的です。
人の記憶は1個前のやつが強く残るからです。

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.